BACK NUMBER

​Vol.1

2020/8/15(Sat.)

​On Air

キャスト(プレイヤー)

神尾晋一郎

駒田航

榊原優希

小笠原仁

MC(GM/ゲームマスター)

堂坂晃三

先日、都内某所にて麻薬の仲買人の逮捕に成功した。

 

取り調べによると本日、国内でも有数のテーマパークで大規模な麻薬取引が行われるらしい。
しかし詳細な情報は本人にも知らされておらず、聞き出せたのは奇妙な暗号のみ……。

麻薬取締官へ告ぐ。
至急現場へ向かい、件のテーマパークを捜査せよ。

――無事、渡航に成功したようだな。

偽装パスポートは役に立ったか?

これより君達には、とある工場へ潜入してもらう。
表向きは食品加工会社を名乗っているものの、人や物資に妙な動きがある。おそらく国家ぐるみで、何やら良からぬものを製造している……と、私は睨んでいるがね。
その正体を突き止め、情報を持ち帰りたまえ。

スパイとしての初任務だが、もちろん失敗は許されない。

我らが機関の諜報員として、相応の活躍を期待する――

​Vol.2

2020/11/7(Sat.) , 11/8(Sun.)

​On Air

キャスト(プレイヤー)【11/7(土)】

高塚智人

土田玲央

小西成弥

キャスト(プレイヤー)【11/8(日)】

山谷祥生

白井悠介

小笠原仁

MC(GM/ゲームマスター)【11/7,8両日

堂坂晃三

世界でも最上級の船旅を提供する大企業、プレシャス・クルーズ。その御曹司であるマーレインは、幼い頃から身代金を目当てに誘拐の標的とされてきた。

今回、彼は視察のため、同社の運航する豪華客船『プレシャス・マリー号』に乗船することになった。我々の任務はSPとして彼を護衛すること、のはずだったのだが……。

 

『今宵、プレシャス・マリー号にて、最も価値あるものを頂きに参上する。怪盗セレブリティ』

 

悪ふざけとも思われた、時代外れの予告状。

しかし船からは次々に高価なものが姿を消していく。

そして、ついには御曹司さえも――。​​​​

怪盗に要人を攫われるなど、SPの沽券に関わる。ただちにマーレインを探し出し、身の安全を確保しなければ。

平凡なある日の朝。

ポストを確認すると、招待状と思しき古びた手紙が入っていた。 差出人は、かつて最年少でノーベル化学賞を受賞した天才科学者。しがないサラリーマンが学者先生のご招待にあずかる理由や、ましてや面識などある訳もないのだが。

招待状に記された住所までやってくると、そこは山奥に建てられた古めかしい洋館『嵐鳴館』だった。

しかし、どれだけ待っても招待状の送り主が現れる気配はない。

日は既に沈み、雨が窓を叩く音は徐々に大きくなっていく。

不審に思った執事が迎えに行くと、部屋の中央には棺桶のようなものが。恐る恐る開くとそこには、白骨化した遺体が眠っていた――。

この事件が、私の人生に深く関わるものであることを、この時はまだ知る由もなかったのだ。

 
 
 

​Vol.3

2021/2/26(Fri.) , 2/27(Sat.)

​On Air

キャスト(プレイヤー)【2/26(金)】

井澤勇貴

廣瀬智紀

山田ジェームス武

キャスト(プレイヤー)【2/27(土)】

加藤将

宮崎湧

日向野祥

MC(GM/ゲームマスター)【両日

山崎興啓